ENTRYはこちら
RTP part3

RTP part3

ランチョン・ディスカッション

RTP from shoulder dislocation

  • 川崎 隆之

    RTP from shoulder dislocation

    川崎 隆之
    (順天堂大学病院 准教授)

  • 田崎 篤

    RTP from shoulder dislocation

    田崎 篤
    (聖路加国際病院 医長)

  • 大関 信武

    RTP from shoulder dislocation

    大関 信武
    (東京医科歯科大学 助教)

  • 真木 伸一

    RTP from shoulder dislocation

    真木 伸一
    (Re-Vive 代表)

  • 鈴木 一秀

    RTP from shoulder dislocation

    鈴木 一秀
    (麻生総合病院 部長)

  • 中井 大輔

    RTP from shoulder dislocation

    中井 大輔
    (八王子スポーツ整形外科 部長)

ラグビーの代表的なスポーツ外傷である肩関節脱臼の競技復帰(RTP)をテーマに選びました。もうかなり昔のことですが、高校ラグビー選手が試合中脱臼した肩を自己整復して、何事もなかったように戻っていった光景に出くわしました。選手は我慢強くて、なかなか本音を話してくれない細やかなメンタリティを持ち合わせております。今回は敢えて、我々医療者が想像しえない選手と現場の本音をお届けしたいと思っております。講師の川崎先生、田崎先生、座長の鈴木先生はトップリーグ、大学、女子日本代表と常に現場におられ、ラグビー愛に満ち溢れております。
“絶対にケガをさせたくない”熱意をお伝えしたいとのことです。参加された皆様からの問題提起も100人会議システムでどんどんお受けします。学会では聴けない本音トークに是非ご参加くださいますようお願い申し上げます

RTP from shoulder dislocation
川崎 隆之(順天堂大学病院 准教授)

川崎 隆之(順天堂大学病院 准教授)

ラグビーは競技の激しさが増す高校生のカテゴリーになると、外傷性肩関節不安定症の発生頻度が高くなる。その臨床像は明らかな脱臼を呈するものから、疼痛が唯一の自覚症状である不安定症まで様々であるが、いずれの場合も元のパフォーマンスを取り戻すためには手術が必要であることが多い。諸家の報告をみると近年その手術成績は高い水準に達していると思われるが、今後はいかに怪我する前の状態よりも強くなって復帰することができるか、あるいは初回受傷や競技復帰後の再受傷を予防するか、という点に関しても目を向けていかなければならない。そのためにはラグビー競技の特性をよく理解し、怪我の発生要因について検証することが求められる。演者らはこれまで臨床の現場から抽出した疫学データや受傷メカニズムの推定を元にリスク因子を挙げてこの課題に取り組んできた。本発表ではその現在地と今後の課題についてお話ししたい。

Traumatic shoulder instability is common in rugby, and its clinical picture has various patterns. Recent studies reported that surgical treatments for these shoulders promise good outcome, and priority of our effort may be shifted to how strengthen the affected shoulder beyond a preinjury level, and how prevent the shoulder injury / reinjury. To achieve these issues, understanding the characteristics of rugby as well as factors that cause injury / reinjury are essential. In this session, we present our experiences and efforts regarding traumatic shoulder instability in rugby.

RTP from shoulder dislocation
田崎 篤(聖路加国際病院 医長)

田崎 篤 (聖路加国際病院 医長)

肩関節は球状であり、その可動性と安定性は関節を包み込む関節包靭帯により司られ、その破綻により肩関節脱臼の病態である不安定症が生じる。靭帯はどこか不連続が生じれば全周性の不安定性が生じる(circle effect concept)。関節包靭帯の外科的な修復術であるBankart修復は構造上不可欠な手術である。しかし修復された靭帯の形態は本来ある解剖学的構造と比較して不完全であり、固定に用いるsuture anchorは時に合併症を起こしえる。また、Bristow, Latarjet法など烏口突起移行術は、その制動力は共同腱による肩甲下筋を介した関節外からの圧迫である。信頼できる術式であるが、烏口突起の癒合不全が生じ得る事、その固定位置は関節包靭帯の付着部とoverlapしているため骨性Bankart病変の修復が困難な事、関節包靭帯の修復が不完全になると潜在的な関節不安定症を引き起こす。よって本疾患への外科的治療はまだ課題が多く、それらを習熟して術後療法を行う必要がある。

Surgical treatment for the traumatic shoulder joint instability The shoulder joint is spherical, and its mobility and stability are governed by the capsular ligament that envelops the joint, and its failure leads to instability, which is a pathological condition of the joint dislocation. In the ligament, if there is any discontinuity, circular instability will occur (circle effect concept) in any direction. Bankart repair, which is a surgical repair of the capsular ligament, is a structurally essential operation. However, the morphology of the repaired ligament is incomplete compared to the original anatomic structure, and suture anchors used for fixation can sometimes cause complications. In addition, the coracoid transfer technique such as Bristow and Latarjet method, the reducing force is compression from the outside joint via the subscapularis muscle by the conjoint tendon Although it is reliable, there is possibility of nonunion of the coranoid, and because The fixed position overlaps with the attachment portion of the capsular ligament, which makes it difficult to repair the bony Bankart lesion, and causes incomplete joint stability if the capsular ligament repair is incomplete even if anteroposterior dislocation ceases to occur. Therefore, surgical treatment for this disease is still problematic, and it is necessary to realize them when perform postoperative treatment.

RTP from shoulder dislocation
大関 信武(東京医科歯科大学 助教)

大関 信武(東京医科歯科大学 助教)

RTP from shoulder dislocation
真木 伸一(Re-Vive 代表)

真木 伸一(Re-Vive 代表)

CONTACT

東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

info@tokyoism-innovation.org

HOME > プログラム概要 > RTP part3